腐葉土とプランターの土を混ぜて家庭菜園へ帰す、レタス

  • 2018年11月30日

レタスの絵を書いてみようかと思うこともない。 書くならば絵ハガキである、季節の挨拶。 趣味の家庭菜園の絵ハガキ、鍵山秀三郎。 マンガに意味があるから写真に関心が持てない。 食べ歩きはマンガである。 写 …

続きを読む


ちょっと窮屈なハクサイ

  • 2018年11月26日

フリーターがいるから 個人事業主がいらない。 個人事業主は斎藤一人だけ。 斎藤一人のマネが個人事業主。 職域のあるパパの子供は 斎藤一人のマネをしない。 職域のあるパパの子供は 個人事業主になれない。 …

続きを読む


数枚収穫したレタス

  • 2018年11月25日

嫁が来るわけがないニートに嫁が来る。 聖域に君臨するパパの子供と思われる。 フクシくんである。 パパの生きた証であるニートは太れる。 フリーターが太れない。 職域がないのにプロ野球に関心を持つから 職 …

続きを読む


成長を感じる、すずなりブロッコリー

  • 2018年11月23日

野菜の成長、土が生きている。 土がいとおしい、大地の恵み。 無職が国民年金を払って個人事業主に見せている。 一階建ての年金に関心が持てないから国民年金は払えない。 フリーターが国民年金を払っている。 …

続きを読む


鍋の食材、ハクサイ

  • 2018年11月21日

職域があるから土方に関心が持てる。 職域があるからプロ野球に関心が持てる。 学生時代までは持てる。 土方に学生時代までは関心が持てる。 小生が鍋を食べるから フクシくんが鍋を食べない。 一蓮托生、職域 …

続きを読む


サラダの食材、レタス

  • 2018年11月20日

サラダの食材、レタス。 一人ぼっちに意味がない。 職歴のある無職のパパがが言っている。 職域のあるパパが言わせてる、 一蓮托生、職域の心理学。 俺があいつであいつが俺で。 うちのとーちゃんは三冠王だぞ …

続きを読む


今日のヒルメシは鍋、ミズナは鍋の食材

  • 2018年11月19日

小生の記憶によると雪が積もったミズナを食べている。 職域のあるパパに証拠はいらない。 職歴のある無職のパパがパパの職種を担保する。 一蓮托生、電話番号交換。 ラーメンをご馳走になる着歴のある無職のパパ …

続きを読む


ちょっと肌寒い、すずなりブロッコリー

  • 2018年11月15日

夜の盛り場に職域があるわけがないから 昼は職域のあるNHKでバイトをする。 ホステスが女子アナをしている。 女子アナがホステスをしている。 二足のわらじと呼ばれている。 個人事業巣主は職場がないから …

続きを読む


そろそろ数枚が食卓にならぶレタス

  • 2018年11月10日

お金を信じている角都がマダラを信じているわけない。 仕方がないからジャシン教の飛段を相棒にする。 サソリは三代目風影の傀儡を信じる。 秒針が止まっているデイダラは 傀儡の中から一回も出てこないサソリを …

続きを読む


知らないうちに食べているレタス

  • 2018年11月8日

そろそろ収穫できそう。 有機野菜に関心があるのは農家のおばあさん。 野菜工房で買い物カゴ二つ分の買い物。 子供に届ける。 「お金もらっているの?」 孫がオーガニック農家になる。 職域のあるパパはファミ …

続きを読む