ネギを食べると頭がよくなる、百薬の長

  • 2019年7月9日

黄門さまの引導、人生はマラソン。 アシタカの腕の呪いが解ける。 不老不死、鶴は千年亀は万年。 男の主である乙事主は猪首。 両腕のあるアシタカにサンは関心を持たない。 片足のアシタカとサン、森とタタラ場 …

続きを読む


良薬は口に苦し、ネギの辛味成分

  • 2019年7月9日

そろそろ飲薬のお時間です。 見どころがはじまる、黄門さまの印籠。 「助さん格さん、少しこらしめてやりなさい。」 黄門さまの真似事は少し痛い、 隠れキリシタンだと呼ばれている、人生は旅。 そろそろ定住に …

続きを読む


薬味と言えば

  • 2019年7月9日

アシタカの腕の呪い、黄門さまの印籠。 黄門さまの印籠の中身、タタリ神の引導。 忘れたら、死ぬ。 死んだら、忘れる。 そろそろ飲薬の時間です。 見どころがはじまる、黄門さまの体内。 「少しこらしめてやり …

続きを読む


梅雨ですね、ネギが三本

  • 2019年7月9日

八兵衛がうっかりするから、 うっかりする。 隠れキリシタンがしっかりする。 一回見ると忘れられない、 アシタカの腕の呪い、黄門さまの印籠。 タタリ神の引導、一回見ると忘れられない。 黄門さまの印籠の中 …

続きを読む


大粒の雨が降った次の日

  • 2019年7月7日

八兵衛がうっかりするから、うっかりする。 もののけ姫がしっかりする。 うっかり八兵衛の上は町娘。 黄門さま一行、悪霊退散。 八兵衛がうっかりするから、うっかりする。 うっかり八兵衛の、モロに君が上。 …

続きを読む


突然、大粒の雨が降り出す

  • 2019年7月6日

一回見たら忘れられない 悍ましい黄門さまの引導。 八兵衛はうっかり、八兵衛が上。 悪霊退散、黄門さま一行が立ち去る。 八兵衛が証拠をうっかり見せると、 ヒトがうっかり集まる。 八兵衛がうっかりするから …

続きを読む


枯れずにネギが残る

  • 2019年7月6日

一回見たら忘れられない黄門さまの印籠。 悍ましい、論より証拠。 八兵衛はうっかり、八兵衛が上。 そんな証拠、隠れキリスタンの証拠。 悍ましい、悪霊が生まれる。 八兵衛がうっかり証拠を見せるとヒトが集ま …

続きを読む


スタバの帰りにファミマへ

  • 2019年7月4日

チキンラーメンビッグカップ 燻たまベーコンエッグ。 死んだら、忘れる。 忘れたら、死ぬ。 成仏と呼ばれている。 女日照り、祟り神。 女日照り、そんなことでそんなに恨めない。 そんなに恨めないから 乙事 …

続きを読む


キノコが生えている、スタバのテラス

  • 2019年7月4日

童貞、男が関心を持つ。 男の魅力満載、童貞。 干ばつがいらないから、 祟りが起こる。 祟り神が怒る、 女日照りが怒る。 死ぬまで忘れない。 死んだら忘れる。 カラッとした性格、女日照り。 祟り神が死ん …

続きを読む


具なし だしスープ

  • 2019年7月4日

スープは自作のインスタントラーメンを食べる斎藤一人。 茅乃舎の自信作、だしスープ 和風。 女が恨む、恨みがあるから幼い。 男はカラッとしたもの、竹を割ったような性格。 男に外国人が関心を持つわけがない …

続きを読む