ちょっと肌寒い、すずなりブロッコリー

  • 2018年11月15日

夜の盛り場に職域があるわけがないから 昼は職域のあるNHKでバイトをする。 ホステスが女子アナをしている。 女子アナがホステスをしている。 二足のわらじと呼ばれている。 個人事業巣主は職場がないから …

続きを読む


そろそろ数枚が食卓にならぶレタス

  • 2018年11月10日

お金を信じている角都がマダラを信じているわけない。 仕方がないからジャシン教の飛段を相棒にする。 サソリは三代目風影の傀儡を信じる。 秒針が止まっているデイダラは 傀儡の中から一回も出てこないサソリを …

続きを読む


知らないうちに食べているレタス

  • 2018年11月8日

そろそろ収穫できそう。 有機野菜に関心があるのは農家のおばあさん。 野菜工房で買い物カゴ二つ分の買い物。 子供に届ける。 「お金もらっているの?」 孫がオーガニック農家になる。 職域のあるパパはファミ …

続きを読む


ハクサイの葉がちょっと立ってくる

  • 2018年11月6日

葉が巻いてくる。 バッチがいらないから上着がいらない。 携帯電話が職域、の証。 カーディガンに意味があるから 携帯電話に関心が持てない。 薄手のジャンパーがバッチの聖域。 農家である。 手数、素人の仕 …

続きを読む


タネからの栽培でも十分のミズナ

  • 2018年11月1日

苗のミズナを買っている。 職業があるから100円のコーヒーでも女が寄ってくる。 ビジネスカードに意味がある楽天プラチナカード。 個人事業主のふり。 作業服の職域に関心があるパパの第三の目。 クレジット …

続きを読む


虫がつくと思っていたけれど、ハクサイ

  • 2018年10月31日

防虫ネットなしのハクサイ。 虫食いだらけになるとばっかり。 何にも起きない。 コンパニオンプランツと呼ばれている。 男はプラチナカードが使えない。 男に証拠がいらない。 家族が証拠。 家族カードが証。 …

続きを読む


大きくなっている、すずなりブロッコリー

  • 2018年10月30日

星の王子 ニューヨークへ行く。 誰も知らない王子が職域のあるマクドナルドで嫁を探す。 嘘つきの王子がが職域のあるマクドナルドで嫁を探す。 職域のある事務のお嬢さん。 夜の盛り場で嫁を探すわけがない。 …

続きを読む


一回り大きくなったミズナ

  • 2018年10月22日

マックのカウンターが新しくなっている。 朝マック、紫イモのマックシェイク。 レジが一つ消え、順番待ちの番号が表示される 掲示板ができている。 メニュー表も新しくなっている。 先週の記憶がないと気づいて …

続きを読む


一つ植えたハクサイ

  • 2018年10月21日

揚げ物とマヨネーズはNG。 イワシとアジもNG。 聞き間違いと少し思う。 サバを食べる、レノファの選手。 家では食べていると、ママが言う。 ネットが信じない。 ネットが突然、信じる。 眠れる獅子を信じ …

続きを読む


レタスが一回り大きくなる

  • 2018年10月20日

「お寺さんですか?」 「私人です。」 凡事徹底、お膳立て。 生きるとは殺生の繰り返し。 トイレ掃除、鳩寿。 ホンモノはホンモノがいる。 突然の来客、木村秋則が現れる。 突然、豚舎が現れる。 いつも、清 …

続きを読む