本人のオバマが関心を持ってないから、
そっくりさんのノッチに関心を持たせている。

ふと雅子さまのそっくりさんを見かける。
楽しそうに二人で笑いながら歩いている。

ガラスの向こう、横切る。

本人のオバマに会えるとも
思っていないけれど、
こっちから願い下げ、オバマの広報。

オバマから話しかけてくるわけない。
待つから、ノッチが話しかけてくる。

子供の成長を待っている。

あのオバマに会いたいと思っているならば、
そっくりさんを見かける気にもならない。

ほんのちょっとも会いたいと思うこともできない。
テレビジョンがいるわけがない。

素人は話しかける。
ビールが待っている、ノッチの広報。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です