雨空の向こう。

木の葉里の創設者、千手柱間。
うちはマダラが同胞殺し、イタチ。

弟のため、汚名返上。
千手柱間がイタチ。

マダラがただ殺し屋。
いつまでも干される、干柿。

マダラに関心が持てない。
柱間に関心が持てなかった、マダラ。

うちは一族がいらないからカカシが生まれる。
畑違いのカカシがいらないからイタチが帰る。

弟のため、カカシにとどめを刺す。
うちはイタチ。

干されっぱなしだったマイト・ガイ。
干柿鬼鮫が干される、ビンゴブック。

うちは一族にとどめ刺したのは。
最強と呼ばれている三代目火影ヒルゼン。

夜空の向こう。

カカシが大蛇丸にサスケを届ける。
火影が大蛇丸にサスケを届ける。

カカシの延命、伝説の三忍。

サスケがいるからカカシが死ぬ。

あのときの万華鏡車輪眼、弟のため。

ペインがとどめを刺す。
操り人形がとどめを刺す。

カカシ先生の限界。

引きこもりマダラに
何にも責任がないからカグヤが生まれる。

引きこもりの責任。
ママの責任。

暁がカグヤのお金に関心を持つ。

ママが引きこもる、二代目火影扉間が生まれる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です