九条ネギ、4/26。

久しぶり一か月ぶりの市民農園。
午前中の市民農園も久しぶり。

泥棒に盗まれたのかイタズラされたのか
抜かれたタマネギの穴とニンニクの穴に
小生はバカだからカブの種を植える。


数日で芽が出るはずのカブが。
忘れたころ、カブの種の芽が出てくる。
忘れたころ、バカだから。

水がいらない。
自然の力。
市民農園の魅力ではある。

水の心配。
ダイソーで買った小生の
ジョロは家庭菜園へ帰る。

監視カメラがあること。
刑事の張り込みによって
犯人が捕まったこと。

今日は細目の管理人から聞く。
午前中の市民農園。

警察から電話があったことを
言う気にはならなかった。

喉元まで。
余計なことは言えない。
今日のことではある。


抜かれたタマネギの穴とニンニクの穴から
忘れたころにカブの芽。

バカだから植える。
午後の心境。

つくづく思う。
泥棒がほほ笑む。

細目が管理人の特徴と少し思う。

ポケットに手が入る。
管理人の特徴と少し思う。

管理人は痩せ形と思っていい。
スポーツ刈りのマンションの管理人の。

スーツが上。
身長が上。

犯人が捕まったから安心と思いたい。

誰が犯人かは分からない。
自分の畑しか関心が持てない。
泥棒の心配。

泥棒に疑われる心配。

心配、午前中に意味がある。
水やりの心配は午後から。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です