市民農園歴に何にも意味がない
小生の畑に初めてニンニクを植える。

2/9のニンニク。
歴、ファミリーにしか意味がない。
しゃべる必要がない。

試金石は初めてを嫌う。
ダイヤモンドに意味があるから
挑戦がいらない。

ニンニクが小生の縄張りと
思うことも許されない。

ダイコンも意味がない。
ショッカーの心境。

タマネギは意味がある。
ショッカーの記憶を鑑みると。

タマネギ農家の後継者を探している人がいる。
そう思っていい。

長野オリンピックを済生会病院の病室で
ほんのちょっぴり見ている。

男子スキージャンプ。
取ってつけたようにスキージャンプ。

当時の原田レポーターに感動したと思われると
ちょっとうれしい。

4年に一回、思いだす。
涙は出ないけれど
心がジーンとする。

山下先生の縄張り。

いつか一人で冬季オリンピックを見ながら
涙を流している。

さんまのキュウリのQちゃんを食べながら。

女子スピードスケートを見ていると
絶対負けられない柔道の同郷の先輩の試金石の
安住アナウンサーのウナギの沙羅ちゃんを見逃す。

縄張りの数、ICU。

根負けがいらない。
沙羅ちゃんはショッカーの縄張り。

何にも分からない。
小生の心が山下先生と共に平昌にいる。

簡単に越えるから根負けすると
思ったことはないけれど思い浮かびはする。

性根、嘉納治五郎先生と。

早く死ねばいいのに、がいらないから
実家住まいがいらない。

死ぬまで待てない。
家ぐらい、思う人材がいる。

家庭ができる。

「お帰りー。」
「ただいまー。」

パパの心が和む。
みんな知っている。

「イー。」

ショッカーの覆面が取れる時間が
パパのパーソナルスペース。

パパの縄張りはどこにもない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です