8/7のキャベツ。
一つ収穫する。
もう少し待ってもいいような大きさ。

残り一つ。
三つキャベツを植えている。

「台風が来なかったね。」
おばあさんが言う。

「そうですね。」
小生が答える。

「台風のスピードがゆっくりでよかったですね。」
おばあさんを見ると聞いていない。

「進路。」

草抜きをした草を一輪車に載せて
ゴミ捨て場へ持っていく。

一言多い。
捨て台詞。

笑い声が聞こえる。
給料が出る。

おばあさんは耳が遠い。

賃貸住まいの組織の。
少しばかりの蓄えがある。
農民の。
借金がいる。

孫の代には米農家。
カエルの子はカエル。
後継ぎ。

賃貸住まいの組織の。
少しばかりの蓄えがある。
手堅い不動産投資。

アパート経営、大家。
何から何まで、おじいちゃんの手作り。
本の。
学生寮がおじいちゃんの夢。

お金がないから未来へ行けない。
学生寮は届かない。

夢、未来の。

子供がいる。
孫がボロアパートの一室で起業。
商人がいらない。
大家のおじいちゃんにMBAがいる。
孫の相談役。

孫が経営者。
おじいちゃんの夢。

孫の代には。
いつか、君の世。

商人。
カエルの子はカエルがいらないはず。
二つはいるはず。
二足のわらじ。

後継者不足の。
孫がかわいい。

君が代の。

11:03。
サイレンが鳴り止む。
テレビの電源を付ける。
NHKを見る。

「ノーモア ヒバクシャ。」
ヒロシマ・ナガサキ条約。

無関心、忘れる。
小生は忘れる。

サイレンが鳴る。

夢、未来の。
子供へバトン。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です