新幹線の移動中でイカ飯を食べている。
アサメシ。

前回来たときもトンカツが
上にのったパスタを食べている。
群馬と言えばパスタ、
そんな印象が定着しつつある。
ヒルメシ。

一泊二日の群馬の旅。
ヒルナンデス、6/26、6/27。


魚介スパゲッティーの王様、
ベッロヴィスタ。

パスタに疎い小生。
何を注文していいか分からない。

王様、言い回し。
ベッロヴィスタ。
聞いたこともない。

パスタとは言わず、スパゲティー。
言い回しが古い。

群馬のパスタ屋の年月を感じる。
アニキ。

スパゲティーと言って、
笑われた記憶もある。
山口は都会。

シュシュの近くのアキラは
行ったことがある。
数回、20年前。

近所の人は行けない。
そんなエピソードがある。

遠く離れた客が来て欲しい。
宣伝効果。
小生の肌感覚は作業服の客が来る。
シュシュも同様。

店の名前が上。
呼び捨てが嬉しい、上。
アニキ。

本当は雲の上の。

当時はすでにパスタ。
スプーンとフォークが
ホンモノナンデス。

小生が時代錯誤。
スープパスタも知らない。

アキラに行く気にならない話は、
パスタ屋自体行く気になってない。

パスタ、群馬の。
少し行く気になる、今ごろ。
アキラには行けない。

シュシュなら少し。
裏のパン屋も同様。

山口のイタリアンに行ってもいいけど、
アキラの。

箸のイタリアン。
ファミレスがいらない。

スープパスタがいる。
オタマで取り分ける。
ファミレスがいる。

群馬の外食は大盛。
そう言う。

ご飯の大盛、山口のサービス。
ご飯ぐらいお代わり自由。

高価な米がいる。

スーパーのお惣菜も二軒見てみる。
Koike、Yaoko。
内食。

山口のお食事どころ、上品。
品数、おちょぼ口。

何が王様なのか、分からないまま食べる。
エビぐらい思うから、エビが王様の。

スプーンとフォークで食べるエビ。

エビの鮮度が気になってくる。
エビナンデス。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です