初めて行く、西京げんや。
元のあった店の名前も忘れる。
それぐらいの年月。
いつか行ってみようと思ったことはある。

小生の記憶に残っていた値段と違う。
値段が上がってる。
そんなことも知らない。
ネットの客。

値上げ、西京げんやが上がった。
西京のウナギ。

名古屋のウナギも少し食べたことがある。
東京のウナギも少し食べたことがある。
柳川のウナギは食べたことがない。

ウナギ屋の行列。
焼き上がるまでの時間。
そんなウナギも。


飲食、値段が上座。
小生は下座、美味しい鰻丼が運ばれてくる。

鰻丼が出てくるまでの時間。
このウナギは一体…。

美味しい。
猫舌が食べている。

川端市場のウナギ。
ウナギを焼いている姿も見たことがある.
昔の川端市場の。

このウナギは…。

出前がいいもの。
お持ち帰りがいらない。

白米がキラキラする。
猫舌は出前。

山口の舌がフェイク。
小生は美味しい。

色んなウナギを食べてない、値段がいい。

色んなものを食べた猫舌、こんなものがいる。
粉ものの。

ウナギの皮がパリパリ。
「日本酒。」

かば焼きのタレがいらない。
50円。

お吸い物、肝が入ると100円増し。
普通のお吸い物をいただく。
「永谷園。」

「川端市場のウナギの方が…。」
山口のウナギ。

ウナギはお客様の。
穴子が美味しい、平。

お客様が来たときだけ食べられる、鰻丼。
今日の鰻丼もそんな印象。

紅白の餅がいる。
元の店に来ていた昔の客がネットの客。

ランチメニューの客がいる。

店主の電話口での会話。
猫舌から出前の注文が来る。

昔の客がいらない、美化がいらない。
ネットの客。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です