1時間程度の空き時間。
イオンタウン周南店、一人で来る。
何か買うつもりでビックに入る。
買い物かごを待ち歩くけれど。
イオンタウンのベンチに座って、お惣菜でも食べようかとも思ったけれど。

何にも、6/18。

買い物かごを置いて店を出る。
CoCo壱番屋に行ってみる。


ご飯少なめカツカレー。
小生の記憶では三回目のCoCo壱番屋。
美味しいと思ってなかったから、二回で止まってる。
二回目も誘われたから行っている。
20年前の記憶。

美味しい、20年前の味の記憶は何でしょうか。
20年、色んなカレーを食べた舌の味覚。
それほどカレーを食べたわけでもない舌。

「客層、小生じゃない?」

山口のCoCo壱番屋、山口大学前。
「いつか分かる、大人の味。」
山口の舌。

名古屋の舌は10代でも美味しい。
山口に色んなカレー屋がいる。

「山口の舌がオカシィ。」
山口の采配。

ボロ雑巾が行けそうな立地にCoCo壱番屋。
昼ご飯がいいもの。

山口大学前にボロ雑巾が来ている。
小生は行くにあんまりならない。
学生の。

学生の、がいらない。
山口大学。

客がいない時間帯。
小生の貸し切り。

店内一人、少し心細い。
店員が若い女の子。
人数は分からない、数人。
誰も数えない。

カレーをテーブルに持ってきてくれた店員の顔を見る。

「ありがとう。」

レジで支払いをする。
顔を見ると下を向いている。
1秒程度の話。

「顔を見たらいけないだ、小生は。」
心でつぶやく。

「ありがとうございました。」

友達同士、アルバイトに見える。
思うことも許されない。

優しい心がいらない。
優しい心、跳び箱。

ボロ雑巾。

誰でも思うことが口に出る。
情報の共有、価値観の共有。
みんなが寄ってくる。

偏見。

「イオンタウン、どうだった?」

どうってことも、思うけれど。
「カツカレー食べました。」

「は?」

「小さめサイズのカレー。」

若い女学生を見たいはず。
山口の采配。

カレーライス、ママの味がいらない。
名古屋の子供は食べている、CoCo壱番屋。

ボロ雑巾、名古屋。
金の鯱。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です