改装した維新公園前店に初めて行く。


から揚げが一つ。
特のりタル。

特別なのり弁、から揚げよし、味よし、値段よし。
タルタルソースが伸びる。
特のりタル。

ほっともっとの前身、ほっかほっか亭から変わらぬ味。
20年前に誕生した特のりタル。

から揚げ弁当にしようか、チキン南蛮弁当にしようか。
やっぱり、のり弁にしよう。

当時の心境。

プレナスの味付けがなじむ。
ブレがない。

振り返ると、のり弁しか食べているところ見たことがない人もいる。
いつもののり弁、間違えない。

三択は伸びない。

二者択一、チキン南蛮にしようか、のり弁にしようか。
九州の択一。

マヨネーズをかけた、焼きそばUFOが美味しい。
ご飯に合う。

マヨネーズはぶれない。

のり南蛮に伸びしろがいる。
九州の大切なものがいる。
発車オーライ。

マヨネーズ好きがいい。
もう少し、UFOとのり弁のセットがいる。

袋の日清焼きそばを好む、名古屋の舌。
どちらかといえば、袋の日清焼きそばを好む、小生も。

粉末ソースが伸びる。
赤だしのみそ汁が欲しくなる。

納豆とそぼろ弁当のセットいい。

どこかの誰かがのり弁を好んで食べているような気がしてくる。
行って店内に入ってみただけのギンザ シックスにのり弁の専門店。

「阪急の人混みの方がすごい。」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です