月島もんじゃストリートを歩く、小一時間。

さっき赤坂でインドカレーを食べたばかり。
何にも、食べる気がしない。

十字路、右手に伊藤パンが見える。
知ってるわけはない。

伊藤博文の伊藤。
伊藤はパンの。

遠藤はパスタの。
伊藤の伊。
藤ふじがいらない。

一周回って帰りに寄ってみることにする。
角地に蔦の絡まったバラエティショップ、ユニオン。
ここで引き返す、4/25。

赤のニオイがプンプンする。
中に人がいる、思いたい。

半分レースのカーテンがクシャクシャとなってるところがいい。
自民党の。

つい先日コーヒーを飲みに行った、産経新聞と読売新聞が置いてある、
表参道の蔦珈琲店に行ってなければ、足が止まることもなかった気もする。

シャッターの閉まった地方の商店街。
今から何か起きるとすれば、蔦のユニオン。

共産党のお金がいる、自民党。

公明党と共産党の切磋琢磨。
地方の再生、自民党のお金はお国のお金。

シャッター半開き、自民党。
看板の伊藤パンを踏む、ワゴン車。

歩いている道中、伊藤の表札を見かける。
伊藤パン、公明党。
伊藤博文、公明党のパンの。


客のサクラに見えるオコゲのおばあさんがいる。
小生が店には入ると、おばあさんはそそくさ出ていく。

小生がいらない。

おじいさん店主の前歯が光る。
前歯の銀歯、久しぶりに見る。

「一つでもいいですか?」小生。
少し考え、「あんパン下さい。」

あんパン一つでも喉を通りにくい。
さっきのインドカレー、グルーポン。
ローソンで常温のお茶を買い、石川島公園まで歩く。

相生橋、蔦ではない何かの植物が巻き付くアパート。
隅田川沿いを歩く。

石川の、外地を望む声が聞こえる。
月島、子供の。

みなみ、北九州の、広島の。
近藤は広島の。

大阪がいらない、大阪に届く。
お酒がいらない、玉露がいる。

伊藤園がいい、広島の。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です