桜新町で待ち合わせ。
てっきり沼津に行くとばっかり。

てっきり。

富士山五合目に行く。


もらったバナナとサービスエリアで買ったアンパン。
4/17のアサメシ。

アメ横で買った新品の靴を履く。


談合坂サービスエリア、上下。


匠の焼き鳥、一本。

油ものは控えめに、焼き鳥。
豚肉は生姜焼き。

お殿様のタンパク源。

チキンカツ、タルタル、小生の。
ぶよぶよ。

フグの皮、小生の。
ほそぼそ。

フグのヒレ酒、五橋の。
どどぐり。

チクワが好きらしい。
チクワをお土産に持っていく。
ゆめタウンの宇部かま。

田原屋の外郎が妹の口に入る。
美味しい、お褒めの言葉をいただく。

テッチリ、豊臣さんの。

フグを食べて、生き返る。
伊藤博文の総取り、あの世。

伊藤博文の家の出、ご想像。
これより下がいない、そんな話。

この世が終わる、江戸幕府が終わる。

濁点がいらない、フク。
公家の維新、威信。

伊藤博文、毒見。
皇室がフグを食べる。
下関が沈む。

濁点がいらない、ふくおか。
フグ、ふくおかの。

30年スパンのコウシコ。

バトミントン。
濁点がいる、口を酸っぱくして言う。

維新の兵法、口を酸っぱくして言う。
忘れたころに。

フグの濁点が海を渡り北九州に届く。
小生は物心ついたときからバドミントン。

フクに濁点がいる。
下関のフグ、普通の。

とんでもない下が出てくる、維新。
天地人、中国4000年。

インド人系、想像はできる。

蓮舫総理、これ以上ない下。
想像できる範囲、政権交代。

戸籍があるわけのない上の女。
伊藤博文、オカマ。

オナベ。

華奢な体型、政治。
オカマでもオナベでも、下。
伊藤博文、上。

顔のアップがいい。
伊藤博文、男。

いとうひろぶみ、濁点がいらない。
フグの濁点、毒。

佐藤栄作、さとうえいさく。
佐藤信二、さとうしんじ。
安倍晋三、あべしんぞう。
濁点、二回、打ち消し。
濁点がいらない。

晋作の。
高杉がいらない。
かれこれ30年前。

四、四郎。
藤、ふじ。
ふじしろう。
オコゲ。

晋、しん。
オカマ、政治。

五、藤信吾の親の総取り。
楽しんごがいい、維新。

岸信夫、絶対。
夫がいい、オカマの。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です