前回は二階の喫茶部が定休日。
新宿御苑の梅を堪能した後の小休憩。

晴天。

「きんつばを食べようかな。」小生。
「きんつばが好きだね。」


ペリカンの厚切りトースト。
こしあんと九州産みどりバターを付けて食べる。

「ペリカンが熱いね。」


ロッジ赤石を後にし、ペリカン本店を目指す、2/24。
写楽の鯛焼きを食べながら、商店街を抜ける。

浅草老舗ベーカリー。

パンは売り切れ。
店舗はここだけ。
店を見ただけ。

本店、店舗を見たくなる、勢いを感じる食パン。

本店を田舎に引っ込める。
誰も見に来るわけがない。
ペリカン以上の勢いがいる。

銀座のセントル ザ・ベーカリーは勝ち組のパン。
いわゆるプライド。
セントル ザ・ベーカリーのパンを毎日食べたら、おしゃべりが弾む。

敷居、プライド、切磋琢磨。
山口に店が出来るとしたら、プライドの店。

ここで会ったが百年目、千年殺し。
向かいの店と切磋琢磨。

「カンチョー。」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です