井筒屋の通りの角にある店。
向かいに萩山口信用金庫。

やまぐちストリート。

井筒屋、白。
元祖ばりそば本舗、黒のカバー、工事中。
ばりそば小を注文。

しばらくすると、メガネをかけた青年が店に入る。
30代に見える。
ばりそばを食べに来た訳ではなく、店主の話を聞きに。

人ですね、そう閉める、青年。
発想の転換、そう言う、店主。

人恋しい。

おばあさんが一人で店に入る。
ばりそばを食べる。

店主とご縁。
人の古女房と、何か起きる。

共闘。
古女房、関所。

JASDAQ上場。


青年がばりそばの店主に届く、チャンス。

誰かがゴムヒモ、この店主の懐へ。
お金が出る、ヒモツキ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です