新着情報

雨の降らない日が続く、ラッカセイ

小生が植えた愛情たっぷりのラッカセイを食べたいと 思う人がいるとは思えない、7/17。 国家観のない日本。 人生観のない人生。 日本に国家観がないのに 人生観はいらない。 恐れ多い、ヒトの世。 人生訓 …

続きを読む

台風以来のキャベツ

キャベツの防虫ネットが外れている、7/17。 雑草が生い茂る市民農園に ピーマン、ナスの収穫に来る。 小生は忘れる。 「だってー、バカだから。」 バカ、自分のことである。 誰かに言わされている。 一姫 …

続きを読む

ほんのり色付く大玉トマト

赤みがほんのり桃太郎。 法人が上。 個人事業主が下。 小生の、みんな引き取って。 たった一年の社会人経験ならば 思うこともない。 相続を経験しているならば。 相続経験もいらない。 社会人経験をほんのち …

続きを読む

エディ・タンゼン ふらの産トマトのチキンカレー

レトルトカレーの陳列が本棚。 テレビで見たことがある。 テレビを見れない。 ラジオを聞けばよい。 WOWOWを見てればよい。 さんまとたけしがテレビで言った。 イニエスタが来る。 ワールドカップの視聴 …

続きを読む

太陽の日差し、収穫後のイエローアイコ

日照りイエローアイコ。 女日照りの意味がが分からないから シャツがズボンに入る。 女がいると、思う。 ゴルファーえなりくんが生まれる。 鏡の向こうに親孝行の小生が映る。 バカと言うヒロくんがバカである …

続きを読む

サラダの彩り中玉トマト

彩りトマト。 旅が見えているから旅に出ない。 旅は学生時代の思い出。 年金が旅である。 たった一年の厚生年金は 障害者年金に意味がある。 我々の年金は盤石です。 ヒトの、年金である。 ヒトの、人生であ …

続きを読む

蝉が鳴く、緑色の大玉トマト

青々としたトマト。 今朝、蝉が鳴く。 梅雨明けである。 植物は心が伝わる。 立派なトマトが実っている。 褒めると喜ぶ。 「立派なトマトが実っているね。」 嬉しく思う。 植物である。 褒めることにより人 …

続きを読む

梅雨明け、収穫前の中玉トマト

明日のサラダに。 梅雨明けしたけれど蝉は鳴かない。 美味しい美味しくないが いらないから好き嫌いがいる。 結論が見えるから日本は急がない。 急がば回れ、三審制。 輪廻である。 成長でござる。 人生は旅 …

続きを読む

イエローアイコがほんのり色付く

色付くイエローアイコ。 梅雨明けが近いイエローアイコ。 二者択一、お金がない。 両方、お金がある。 ソモサン、セッパ。 第三の目が開く。 共存共栄が心である。 人間関係の糸がほつれる。 好き嫌いがいら …

続きを読む

ひび割れた中玉トマトの房ごと収穫

中玉トマトの房ごと収穫。 ひび割れがいらないから房ごと収穫はしない。 突然豹変する。 人間関係である。 何のことだか分からない。 酒である。 酒でないならば。 ギャンブル。 ギャンブルでないならば。 …

続きを読む